有限会社 髙島自動車
HOME 会社案内 車輌整備 車輌販売 板金・塗装
ブリヂストンタイヤ ヨコハマタイヤ アルミホイール
その他用品
函館のへそ曲りの
車屋さん(新ブログ)
リンク
会社概要
当社は代表取締役の髙島 順一が一人で運営している会社です。
御客様との接客・部品の発注・車検・修理や板金塗装修理作業
車輛販売や納品請求書や申告業務だけでなくホームページの更新等
全ての仕事を、ほぼ一人で実施しています。

そして、当社では開業時より同業者からの下請け作業は
一切お引き受けした事が無く
一般のお客様とだけお取引させて頂いています。

最近ではネットからのご要望で函館在住のお客様へ地方から車を納めてから
当社へのサポートの依頼をなされる会社も増え始めていますが
残念ながら、依頼される会社の下請け工場と同じ金額や感覚で
お仕事の依頼をなされても
私共としては、ご連絡いただいた会社のご希望には
全く沿えない場合やご予算に会わない場合が多いからです。

特に中古車販売店の場合は、下請業者を異常な価格で泣かせているケースが多く
同じ感覚で当社に仕事を依頼なされても
ご要望に応える事が出来ません。

尚、塗装作業の場合は作業に寄っては
分解作業の後でなければ部品交換か修理が可能か
実際分解作業や修理作業をしてみないと結論が出せない事もあります。

その際は、事前にお知らせした概算見積り金額との違いが
発生してしまうこともありえますので
概算見積り金額からご請求が上がる際は事前にお客様にお知らせし
承諾後に、ご請求いたします。

また、自分は客の立場だから何を言っても良いとか
自分の言うとおりにしなければ、お金は支払わないと言う様な
非常識で身勝手なお考えのお客様とは、当社はお取引は致しません。

私共は、お客様の奴隷でも召使でも、御座いません。
感情もあり、プロのメカニックとしてのプライドも御座います。

私共が、お客様の修理作業を実施している時は
少しでも綺麗に、出来るだけ早く、正確な作業を心がけ
お客様の喜んで頂ける事を願いながら、作業をしています。
金儲けをしたいから、メカニックになった訳では御座いません。

お客様の立場に出来るだけ立って、車を長く安全にご利用頂けるように
時と場合と状況に寄っては、料金を度外視した作業を実施することも御座います。

私共を奴隷や召使扱いすると言うことは、当社の年間の売上の80%以上の
お取引を頂けるのであれば、検討させていただきますが
残念ながら、個人のお客様では不可能なお話であり
年末にご挨拶とお礼を兼ねたカレンダーの配布が多少遅れただけで
今後取引をしないと言うような、意味不明な言動及び行動をとられる方は
私共としては、当社をご利用頂く御客様として不適格と判断し
その方の社会的地位及び年収に関わらず、お取引は致しません事も
お知らせ申し上げます。


尚、新品のカラードパーツ同士やとボディとの色の誤差については
当社では、修正作業は実施していません。
また、ご連絡先をご本人以外に指定なされる御客様とのお取引はご遠慮致します。



仕事に対する基本コンセプト
私は基本的に仕事に関しては
できるだけ出来ない事を言葉には出さないように心がけています。

亡くなった父親が極端な職人気質の人間でしたので
色々と影響を受けているだけでなく
信用はお金で買えないという両親譲りの考えが
起因しているのかもしれません。

気軽で信頼して相談できる車の専属の御医者様のような存在であり
お客様のカーライフ・プランナーになりたいと願い
仕事に対して、またお客様に対して努力を続けております。

また一人で全ての業務を実施している最大の理由としては
会社として経費を徹底的に削減し
気軽に当社を長くご利用頂きたいと思っているからです。

仕事を受けた人間と作業をした人間が違うと、
正確な状況説明やご要望が伝わらない事も数多くあります。
お客様のご予算やご要望を直接伺えますので
可能な範囲で、お客様の希望に近づける仕事をして
心のこもった温かみのあるサービスを直接提供したいからです。

だからこそ、緊急時には曜日も時間も関係なく
お知らせ頂ければすぐに対応できるようにするために
20年以上携帯電話の電源を切った事はありません。

困った時はお互い様です。私で少しでもお役に立つのなら
定休日でも祭日でも時間外であったにしても
お客様のからのご依頼は喜んでお引き受けしています。

私共はお客様に信頼され、
お客様のご予算とご要望に寄り添った御提案ができる
アドバイザー的存在になりたいと願っておりますし
お客様に満足して頂き
信頼と実績を積み重ねたいと願っております。

私の考え方として、当社を御利用いただくお客様の
職種・性別・国籍・年齢そして、お取引いただいている年数や
お客様の使われている車種やメーカーも一切限定はしていません。
ただし、お客様の車が違法改造されていた場合は
修理はお引き受け出来ませんし、
余りにも一般的な常識を逸脱した言動や行動を取られたり
私共の方針にそぐわないお客様の場合は
お取引をご辞退申し上げる場合も御座います。

特に自分の想いどおりにならなかったと言って
支払を拒絶したり、悪質な値引きを強要なされた場合は
話し合いの場を持たさせていただきますが
最悪の場合は 法的・社会的制裁処置を実施させて頂くことも
ありえますので、ご了承くだささい。

例外を除いて私が対応できる範囲であれば、
どの様な車種でもメーカーでも仕事は御引き受け致しますし
使用する部品全てが、新品であるかどうかも問題ではありません。

中古やリビルトパーツでも何年か先まで使用に耐えれるモノであり
お客様のご予算に合致するなら、それに越したことは無いからです。

私は、車は単なる移動手段の道具だけではないと思っています。
なぜなら、お客様の車はお客様の大切な財産であり、道具であり
時としては、くつろぎやストレス発散の為の大切な場所にもなるからです。

だからこそ、当社にお問い合わせ頂いたり、ご利用頂くお客様が
当社を信頼して、ご要望や予算を御話しして頂かないと
お客様の希望に沿った業務が出来なくなってしまいます。

同様に長い整備士の経験から、お知らせいたしますが
同じ年式・メーカー・車種であってもドライバーが変われば
車の修理個所も変化してきます。

私はお客様の車の特徴を今までの経験を基に、できるだけ把握して
お客様の運転の個性やご要望・ご予算にマッチした整備を実施したいのです。

お客様に寄り添う整備を実施されている車は
運転していて安心ですし、快適です。
いつ壊れるか、いつ停まってしまうか解らない車を運転するのは
車に乗りたくなくなります。終いには車が嫌いになってしまいます。

私はお客様に車をもっと好きになっていただける様に、
単なる道具ではなく 大切な財産として長くご利用いただく
お手伝いをしたいと願っています。

きっかけは何であれ、当社とお取引いただいた方から
お友達や知り合いの方の修理や車輛購入希望者を
ご紹介いただいて、お客様輪が広まるのは最高に嬉しい瞬間です。

父が職人気質であっても私自身は純粋な職人とは言えませんが
職人さんの素敵な部分や厳しさは理解して、実践したいと想っています。

当社ではお客様に信頼を得る為に、当社では作業中の写真を提示しております。
参考事例や最近当社をご利用いただいたお客様の修理時の写真を
下記に掲載致しましたのでご覧いただければ幸いです。



☆当社がお客様に画像を提示している理由

☆参考実例1

☆参考実例2

☆参考実例3

☆当社が推進するお得な車の修理及び管理法

☆当社の用品・中古車の選択法


当社がお客様に画像を提示している理由

これはごくごく簡単明快な理由で、
写真を提示する事でお客様に明確に説明できるだけでなく
お客様都合で直接ご来店頂かなくても
お客様のパソコンへ説明文付きでお知らせしていますので
容易にご理解頂きやすいからです。

上記の写真を見て頂ければご理解頂きやすいと思いますが
装着されていたモノと新品では明確な違いが出ますが、この写真を提示せずに
新品を装着してしまうと、お客様に御理解頂きにくいと推測されるからです。
交換や修理が必要なモノを明確にお知らせし、お客様に納得していただいて
交換や修理作業を実施するのが当社のスタイルです。 

参考事例リストに戻る


最近入庫した車の実例1です。
上記の写真は最近入庫した方のエキゾストパイプの写真で
お客様に配信済みのモノですが、サビが進んでいて
修理が不能な状態になっていました。車検を受注した量販店では溶接で修理するように
御客様に話したとの事です。普通の良識のある整備士では絶対考えられない御話しで
仮にこのエキゾストパイプを溶接し応急処置が出来たとしても耐久力は低下します、
下手をすれば1週間ももたずに、また違う所から穴があいてしまいます。

つまり、交換した方がお客様に取って得なのか
修理で対応した方が得なのか?正確な判断が必要になりますし
同じ場所に何度も修理を重ねると重ねた分だけお客様の費用の負担が増えるだけでなく
お客様からの信頼や車の安全性も損なわれます。

私から言わせれば、お客様の立場に立って的確な判断が出来ないのは
整備士としては未熟ですし、この写真のマフラーに関しては確認不足なのかは不明ですが
何処をどおすれば溶接という判断になるのか?私には理解できませんでした。
このお客様の場合、結果的に中古部品の良いモノが入手不能で
社外品の新品に交換致しました。

作業を実施する際に
交換の方がお客様に取ってプラスなのか?修理の方が良いのか?
仮に交換するとしても、新品なのか?中古でも大丈夫なのか?
またリビルト製品でも良いのか?お客様の予算の範囲で収まるのか?

考えたらキリがありませんが、全ての事を考えて
お客様に作業のプランを提示できるようになるのは
個人差はありますが経験が必要になるのは、ご理解いただけると思います。

だから資格や経験のない方が
安易に車の修理をする事は危険極まりない行為ですし
もしご自身で交換した部分が原因となって事故やトラブルを引き起こした場合
全ての責任は直接作業を実施した方に振り掛かってきますし
我々国家認定整備士は不要な存在になってしまいますね。

参考事例リストに戻る


実例2
この写真はあるスタンドで行ったオイル交換作業時に
オイルのドレン パッキンを交換しなかった事が原因で
発生したオイル漏れの写真です。

作業実態を確認したところ、その作業を行ったスタンドでは
オイルドレンコックのパッキンの交換は一切しないそうですが
これは危険極まりません。

なぜならオイルのドレンコックパッキンはオイル交換時には無条件交換の部品で
わずか200円足らずの部品交換を控えるお客様は少ないと思いますし
仮に、このまま放置しておくとエンジンブローの原因にもなり得ます。
なぜなら一度漏れだすと、漏れてくる量がどんどん増加するからです。

走行中、特に長距離運転の最中にオイル漏れが原因で
エンジンブローを引き起こしたら、
下手をすれば大事故ですし、運よく身体に問題がくなくても
車が走行不能の場合は費用の負担はかなり大きくなってしまいます。

個人的な考えですが我々整備士はお客様から依頼された修理のご要望に対して
的確な判断をし正確な作業をしなければならないのが当たり前だと思っています。

参考事例リストに戻る


実例3

御存じですか?低価格で修理し続けた車は、
後から費用が何倍にもなる可能性が高まり寿命も短くなります!


現在の車検制度では2年の有効期限があっても
次の車検まで安全に車を使えるかは保証していません。
現在の車検制度は車検を受けた時点で
保安基準に適合しているかを判断しているだけです。
昔と違って、2年間安全に使えると言う保証はないわけです。
下の写真をご覧ください。

左上の写真は冬に道路に散布される塩化カリウムの影響で
ディスクローターやリヤドラムの内部にサビが入りこみ
浸食が進んでしまい、ブレーキ調整を必要となったケースで
修理の方法として表面研磨作業をする前の写真です。
右は研磨作業の完成後の写真です。

この車は今年6月に他社で車検を上げたばかりの車ですが、
当社に8月に別の修理でご入庫いただきました。
最初のご希望の修理完成後にブレーキ調整を希望なされた為
ブレーキ内部を分解して判明した実例です。

左上の拡大した写真が下の写真です。

良く見て頂ければ解るとは思いますが、リヤのブレーキドラムの内部に
融雪剤の影響で発生した腐食によって
1mm以上の段差が発生しているだけでなく、
清掃や調整不足が原因で内面に傷が入り波状に変摩耗し始めていて
リヤのブレーキライニングの接地面積が減少していました。

また上のフロントディスクローターの表面もサビの浸食が進んでしまい
ディスクパットが正確に当たる面積が減少しています。

写真のような状態になると、リヤブレーキでは
正確なブレーキ調整は不可能になるだけでなく
サイドブレーキも効きずらくなります。
実際この車のサイドブレーキの引きしろは15ノッチ以上でした。
(平均的には5ノッチから7ノッチ)
これでは坂の途中で停車する時に、ちゃんと停まってくれません。

また フロントのディスクブレーキの接触面がサビで浸食してますので、
当然車全体としてブレーキの効きはかなり低下していますし
浸食が進むとローターやディスクパットの交換が必要になります。

他社ではどう判断するかは不明ですが、当社では写真のようになった車の場合は
フロントディスクローターやリヤブレーキドラムを
表面研磨をするか?中古パーツを使うか?または新品に取り換えるか?の
3つの作業の選択肢をお客様に説明し、今回は表面研磨を選択して実施致しました。
その研磨作業後の写真が下の写真です。


ブレーキはここ一番で効きが悪いと、高速走行時や厳冬期には
大きな事故につながりる危険性が増大します。

仮に事故を起こしたら、修理代どころじゃすみません。
下手をすれば人生すべてが変わってしまう事もあり得ます。

一日車検や短時間の車検や低価格車検の立会見積りでは、
タイヤやブレーキの内部を分解せずに診断するケースが大半です。

内部を診ないで大丈夫と言う判断は、整備士でもかなり難しいですし
清掃も給油も調節も何もしないで組付けてしまうのは
後々車の修理費が増加するだけでなく、車の寿命を短くし
お客様自身を危険にさらしてしまいます。

危険である事を知っていながら、
そのままにして素知らぬふりをすることは
御客様の安全を考えると私にはできませんし
結果的にお客様に喜んで頂けるとは思えません。

また早期に修理を実施すれば、少しでもお低額でご提供する事も可能ですし
部品を交換せずに済むケースも数多くありますので
お客様の負担も小さくて済みますが、
放置すると交換が必要になる部品が増えてしまったり
修理日数が掛かったりと費用の増加する事が大半です。

仮に上記の写真のケースでは表面研磨とリヤライニングの交換調整
フロントディスクパットの研磨で済みましたので手頃な価格のご請求となりましたが
是が全て交換になったら今回の修理費の倍近くの御請求に
なっていたかもしれませんし、車検時にきちんと分解清掃して
早期に対処していたら、もっと修理費を低くできたのでは?と思います。

ご予算の関係で一度に全て修理出来なくても、
お客様のご都合に遭わせて 計画的に修理する事も可能だと思いますし
修理のプランもご提示していますので、ご利用頂くお客様が予算を立てやすく
計画的に修理を実施する御提案ができると思います。


仮に最低限度の金額で車検を通したいとのご要望の方でも

上記の写真のように、
車検の時に裂けていると絶対OKにならないドライブシャフトのブーツが
裂けていて、交換が必要となるケースもあり得ます。
また、その場はギリギリセーフでも、
後から交換が必要となるケースもありますよね。

現車を確認できず概算で見積書を作成しなければならないケースの場合
上記の写真のようなケースも何度も見ているだけに走行距離を伺っただけで
中途半端な判断での概算見積金額をお客様に提示するのは難しいですね。

お客様から言わせれば、我々からの提示された金額が一つの基準となりますので
不信感を招く曖昧な金額をお知らせする訳にはいかないですし
走行距離が短くでも年数経過によって破損している部分もあるからです。

基本的に見積書で提示された金額より安くすむならお客様も嬉しいでしょうが
実際の請求書が見積書より高くなってしまうと、ショックは大きいと想えるからです。

私はお客様のお車の状態を確認して、説明をし
作業の方法やご請求金額を納得して頂いたうえで
業務を実施させて頂いています。

当然自分が引き受けた仕事ですから、ちゃんと最後まで責任を持って
完成させたいですし、お客様と気持ち良くお取引を長く継続したいのです。

参考事例リストに戻る

当社が推進するお得な車の修理及び管理法

車を長く安心して使う事ができて、なおかつ費用も低く抑える方法としては
定期的にオイル交換や点検を信頼のおける会社で、きちんと実施することです。

オイル交換や定期点検の際に修理が必要な個所を発見し計画的に
早期に対処してしまう予防整備を実施できるかどうかでは
1台の車が廃車や代替えまで必要とされる修理費用の試算データーでは
歴然としており、場当たり的な修理を実施されている方は
予防整備を実施している方より遥かに大きい金額を支払うケースが大半です。

ただし、オイル交換や修理作業を実施する会社をその都度変えてしまうと
車の過去の修理履歴が不明になってしまいますので
計画的な修理が全く出来なくなってしまうだけでなく
整備士に寄って、修理の完成度に大きな違いが発生致しますから
的確な修理作業が出来なくなります。

写真でお知らせしたようなに場合当たり的な作業や信頼出来ない作業をしたり
的確な判断が出来ない会社も増えているのが現実なので
お客様としては会社を選ぶのには苦労なされたとのお話も
最近お取引いただいた多くのお客様から伺いました。

前にも申し上げましたが
お客様の車の状態や今後修理が必要な個所をよく理解し納得いただいたうえで
お客様のご予算やご都合に即して仕事を進めていくスタイルが
当社の基本的な形ですし、当社をご利用いただくお客様には
安心して車を長くお使い戴けれる最善の方法です。

意外と知っている方は少ないですが昔と違っていて現在販売されている車は
メーカーサイドのコスト削減で
下回りのサビ止め塗装や外部塗装はかなり薄くなっているだけでなく
装着されている部品も、手に取って直接みてみると
予想以上にクオリティが低くなっています。

外部塗装に関しては、メーカーに寄ってはほんの少しだけ磨き出しの作業をしたら
下地が透けて見えてくる車種もあります。
また、車体製造メーカーに寄っては設計の段階でのミスで
予想外に早くサビが上がってしまい、慌ててリコールになるケースも増えています。

これらの事実はディラーや販売店では絶対お知らせしない事実です。

参考事例リストに戻る


当社の用品・中古車の選択法

当社では中古車の販売や用品の販売・板金塗装作業でも
基本的には整備の考え方と全く変わりありません。

例えばタイヤを一つ選ぶにしても、お客様の車種に寄っては
変摩耗しやすいタイプの車もあれば、そうでないタイプの車もあります。
現在使用なされている車を長期間使われる予定の方には
その車にマッチしたタイヤを色々なメーカーから選択してお勧めしています。

メーカーやパターンに寄っては走行時のノイズがうるさいと感じるタイヤも
実際ありますし、タイヤの強度がその車種に合わないモノを使用した場合
タイヤの寿命が極端に短くなってしまうケースも良くあります。
最近では輸入タイヤやプライベートブランドのタイヤも多く販売されていますので
選択肢の範囲はかなり広がっています。

整備士としてタイヤのアドバイザーとして
ご要望のメーカーのタイヤの特性や特徴を説明し納得頂いてから
お買い上げ頂いています。

また、ご予算の都合で新品のタイヤの購入が厳しい方には中古のタイヤを
製造年やタイヤの溝の残厚などを念入りに確認し、少しでも良いモノを選んで
お客様にお勧めしています。中古タイヤの場合新品と違って製造年月日が古いと
タイヤが硬くなり、使用できる期間が短くなったり、ヒビ割れが発生しやすくなるからです。
数多くのタイヤの中からお客様のご予算と車種に遭わせたモノを
選ぶのは結構難しいですよね。

中古車でも全く同様で、私共ではお客様からご予算や希望する車種を伺って
整備士の目と経験を基に車をお探し致します。その際には
当社で板金塗装作業も行っておりますので塗装をする側の整備士として、
小さな傷や補修個所も見逃しませんし大きな事故に遭った車なのか?
補修個所はどれくらいなのか?を判断するだけでなく
何かのトラブル等で中古部品を使うケースも考慮して
中古パーツを入手いやすいかどうかを確認したうえで
出来るだけ現車の状態が良くて、長く使える商品を選択して御提供していますので
最近多発している中古車業者とのトラブルの発生に関して当社では全くなく、
今まで当社で販売させていただいた中古車のクレーム発生は一度もありません。

最後に、御客様のご都合で、複数回作業予約を取り消された場合
キャンセル料や見積り作成料を請求させていただく場合も御座います。
また一般的な常識を逸脱したご要望にはお応え出来ません。


参考事例リストに戻る
Copyright(C)2003 Takashima Automobile Repair Factory, All rights reserved.